♥病院点滴死、元看護師を逮捕…別の2人も殺害か

逮捕
スポンサーリンク
スポンサーリンク
♥病院点滴死、元看護師を逮捕…別の2人も殺害か

♥病院点滴死、元看護師を逮捕…別の2人も殺害か
横浜市神奈川区の大口病院(横浜はじめ病院に名称変更)で2016年9月、入院中の男性2人が中毒死した事件で、神奈川県警は7日、うち1人の点滴に消毒液を混入して殺害したとして、当時勤務していた看護師で無職久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)(横浜市鶴見区上末吉)を殺人容疑で逮捕した。病院では同時期に別の男女2人も消毒液で中毒死した疑いがあり、県警は連続して殺害された可能性があるとみて捜査する方針。 発表によると、久保木容疑者は16年9月18日午後3時〜同4時55分頃、4階に入院していた西川惣蔵(そうぞう)さん(当時88歳)の点滴に医療器具の滅菌などで使う消毒液「ヂアミトール」を混ぜ、同7時頃に中毒死させた疑い。調べに対し、「間違いありません。申し訳ないことをしてしまった」と容疑を認めている。 捜査関係者によると、逮捕前の任意の事情聴取で、動機を「容体の急変を見るのが嫌で、自分がいないうちに死んでほしかった」「家族への説明も面倒で、苦手だった」などと供述したという。

コメント