甘えん坊で、されるがままの白モフ猫

スポンサーリンク
甘えん坊で、されるがままの白モフ猫

今日は甘える白モフ猫もちとらの映像です。膝の上でグラグラ揺らしても、されるがままのもちとら。猫っぽくない性格です。とっても可愛いですね。

昨日の動画、嫁のマネして絵本読む動画がちょっと刺激強めでしたので、今日はもちとらの可愛らしさだけ堪能できるよう優しく仕上がっています。

「嫁」といえば、その呼び方、実は間違っているそうですね。
「嫁(よめ)」と「婿(むこ)」は「自分の子供の配偶者」に対して使う言葉だそうです。
なので、正しくは「妻(つま)」と言わなければいけないそうです。

でも、テレビのタレントさんも「うちの嫁さんがー」とか言うんで、言葉の意味が「現代流」に変わってきているという事ですね。

例えば「微妙(びみょう)」なんて言葉も、本来は「言葉に言い表せないほど良い」みたいな意味なんですってね。
今では「あんまり良くない」みたいな意味でつかわれていますね。
あと「適当(てきとう)」も、本来は「丁度いい」「正しい」って意味なのに、今では「ざつ」「やっつけ仕事」みたいな意味で使われます。

本来の用途から、どんどん変化していくんだね。物事というものは。

電気マッサージ器だってさ、本来は肩こりとかのマッサージのために開発されたのに、いつのまにやらアダルトグッズコーナーに移動させられてね。
それから、風俗のオプションにまで起用されてさ。「女の子に電マ使用 2000円」「お客様に電マ責め 2000円」とかさ。完全にエログッズと化してしまったよね。
本来の用途からどんどん変化していくんだね。

そんでさ、家で電マでオナるときの話なんだけどさ、
電マの音がうるさいから、防音の為に、本来は寝るときに体に掛けるために開発された「布団」を電マに巻いてさ、ミュートさせるんだよね。
今や「電マミュート専用の布団」を持ってるくらいだよオレ。
布団も、本来の用途からどんどん変化していくんだね。

あと手で持ってるとエロ動画見にくいからさ、チ〇チ〇に当てたままの状態で固定したいから、本来は、ズボンが落ちないように開発された「ベルト」で固定させるんだよね。
今や「電マ固定用ベルト」持ってるくらいだよオレ。
ベルトだって本来の用途からどんどん変化していくんだね。

そして、僕の話も「嫁という言葉の本来の意味」という話から
「電マでのオナり方」という風に、どんどん変化していくんだね。

そして、今
本来は、寝坊させないために開発された「ケータイのアラーム(バイブ)」が、僕の股間付近で鳴動しはじめた。
「ビックリと気持ちいいを同時に味わいたい」という感じで使っているよ。
アラームも本来の用途からどんどん変化していくんだね。

ということで朝の6時です!

じゃ、また!

P.S.「スヌーズ」ていう言葉、なんか「エロ用語」っぽいよね

twitter: https://twitter.com/kokesukepapa
ブログ:http://nekonavi.jp/archives/author/kokesukepapa

コメント

ライフスタイルまとめ動画アンテナ

Translate ?